Description

概要:今回の“狂乱”の大統領選挙が終わって一段落という時点で、改めて「アメリカとは」を問い直す好機ではないかと思います。ドイツ語の哲学用語に「Solon」と「Seinen」という概念がありますが、それを手掛かりとして借用し、「Ideaとしてのアメリカ」を中心に据えて、政治制度が実態に追い付いていない「ゆがみ」としての「一票の格差」「大統領選挙人団」など「アメリカ国家基本問題」についてお話したいと思います。こう書くと、極めて難しいトピックだと思われるかもしれませんが、今回の「総選挙」の総括も含めて、皆さんのアメリカ理解の一助となるよう心掛けるつもりです。

 

講師:佐藤成文(さとう せいぶん)氏 プロフィール

 

1940年東京深川生まれ。

県立横浜平沼高校を経て早稲田大学政治経済学部政治学科卒業、

1963年㈱時事通信社入社、第一編集局外信部配属。

海外ニュース担当記者として本社と海外支局勤務を繰り返し、

2000年ロサンゼルス支局で定年、“現地除隊”。

このまま「世界の首都」ロサンゼルスで一介の現役ジャーナリストのまま一生を終えるのが願望。